活動報告

10/17/2012 

マンハッタンで母乳育児、「卒乳断乳のお話」 20名の親子と3名の妊婦さんに来ていただきました。

 

毎回、本当に不思議に思うのですが、お話の時間が午前10時から午後12時半まであるのですが、皆さん気がつきました? 

 

お子さんの泣く声をほとんど聞かなかったですね。 

 

お母さん方は真剣に質問をされていましたが、赤ちゃんも自分のことなので一生懸命聞いてくれていたのかしらと考えたりしています。 皆様、長い時間ご苦労様でした。

 

聞き逃したり、言い足りなかったことがあればご連絡下さい。

 

NYすくすく会 manhattan@nysukusukukai.org  へ感想やご意見もいただければうれしく思います。(関)

 

9/23/2012 

「救急蘇生ワークショップ・3」 皆さん、 先日(9月23日)の、救急蘇生のワークショップの講師、リンジーさんからクイズの報告を頂きましたのでお知らせいたします。正解率を知るのはワクワクしますね。 

 

『皆さんには楽しい週末だったことを願っています。

 

 CPRクイズの結果を計算しましたのでお知らせいたします。

 

今回のワークショップは、皆さんの努力でかなり良い成績で結果が出ました。素晴らしいワークショップになったと思っています。

 

皆さんに回答いただいた、ワークショップ前のクイズでは、参加者の正解の平均はわずか24%でした。

 

ところが、その後のクイズの平均が85%の高値になりました。

 

参加者が回答に苦労した唯一の質問は窒息に対する問題でした。

 

回答に「激しく咳をしていた小さな子の上でハイマック手技をすると」と答えた方が参加者のおよそ40%でした。

 

それで、次回に向けて、咳をすることができる子供へのハイマックの手技は役に立たないことを強調する方法を検討する必要があると思いました。 

 

咳ができるのであれば窒息をしているわけではありませんね。

 

しかし、参加者は全体としてワークショップから多くを学んだように思います。

 

参加者は、何時CPRをするべきか、そして、ステップごとに、どんな時に何を実行するべきか、十分な知識を持ったことをクイズの結果から知ることが出来ました。

 

2、3時間のワークショップを実践しただけなのに素晴らしい結果が出ました。参加者の皆さんの努力とボランティアの皆さんに協力いただきたことに感謝いたします。 

 

寒くなってきましたが、素敵な秋をお迎えください。リンジー 』リンジーサンありがとうございました。(文/関)

9/19/2012 「妊婦さんと懇談会」

 

6/2012 「あら(?)フォー子育ておしゃべり会」

 

5/2012 「お母さんと秋元さんと茶話会」

 

4/2012 「ポジティブ思考の子育て」

 

「妊婦さんと懇談会」

 

「救急蘇生ワークショップ・2」

 

3/2012 「インファントマッサージ(手のぬくもりを大切に)」

 

2/2012 「海外での母乳育児のお話」

 

9/2011 「国際結婚と子育て」

「妊婦さんと懇談会」

logo-160.png

© 2020 ニューヨークすくすく会